トマトを食べて病院知らずの健康生活

トマトを食べて病院知らずの健康生活

トマトを食べて病院知らずの健康生活を送ります!
トマトの健康への効果は医者も恐れるほどのパワーがあるとされる凄い食べ物です。

 

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。
これはトマトには「リコピン」などの栄養素が豊富で、医者もいらなくなるほど健康になれると言う意味があるそうです。
しかもこのことわざは日本発祥ではなく、イタリア発祥のことわざみたい。
英語で「A tomato a day keeps the doctor away」と言うらしいです。
イタリア語じゃないのが若干気になりますが、世界の公用語である英語で知られているということは世界中に認知されているのですね。
世界的に知られるこのことわざがトマトの栄養価の高さや凄さを物語っていますよね。

 

日本でも同じようなことわざ発見

ちなみに日本でも似たようなことわざがありました。
「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言うことわざです。
こちらは日本発祥らしいです。

 

意味としても似ていますが若干違いがあって、柿が赤くなるころには気候も良くなり病人が減るということらしいです。
もちろん柿が栄養が高いということも含まれていると思いますが、この時期には柿以外にもミカンなどの栄養素が高い果物が多くなるためと言う意味も含まれているそうです。
やはり実りの秋をうたっている日本のことわざらしいなと思いますよね。

 

もう一つ追加で「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言うことわざもあるらしいです。
こちらの発祥はわかりませんでしたが、英語表記もあるので日本ではないかもしれませんね。
意味としても上の二つとほぼ一緒でした。
リンゴも栄養価が高いことで知られていますよね☆

 

 

トマトのパワーに期待

私はトマトのパワーや健康への効果をものすごく期待しているので、これからはトマトについて調査したことや体験を書いていきます。
トマトが凄いのは周知の事実なのですが、自分の視点で色々書けたらなと思っています。
トマトのリコピンが注目されていて、リコピンに関しても書いていきたいです。
またトマトをとれない方にはリコピンサプリメントもありますので試してみても良いかもしれません。
健康にも美容にも効果のあるトマト。
そして味も甘くて美味しくて言うこと無しです☆
今ではスーパーなどで一年中買うことができるので、いつでも食べれるのも嬉しいですね!